ブログトップ

papermoon ~日本刺繍~

papermoon5.exblog.jp

お気に入りチャコペーパー

e0053104_14514777.jpg

第36回 2012 日本ホビーショー
会期 2012年4月26日(木)~ 4月28日(土)
    午前10時~ 午後5時
会場 東京国際展示場(東京ビッグサイト)
   東展示棟 東1・2・3 ホール
   〒135-0063 東京都江東区有明3-21-1
   TEL.03-5530-1111(代) http://www.bigsight.jp/


先週末、初めてホビーショーへ行ってきました!!
後輩が、コスモの刺繍糸を取り扱うルシアンという会社で
クロスステッチのワークショップを行うということで会ってきました。
東京ビックサイトが広いのは知っていましたが、
あんなに盛況で、まっすぐ歩けないほどの人出とは!!
ルシアン(コスモ)も大盛況で、
とてもかわいいペンダントヘッドを作っていましたよ。

 *****

うろうろ歩いていると、実にいろんなお店が。
手芸道具といえるのか、電気ごてやらドリルやらまで。
こんなに長い間続いている見本市なだけあって、さすがです。

そして見つけたのが、お気に入りのチャコペーパーです。
今や世界で使用されているこの複写紙が
日本発だということも知らない方もいるのではないでしょうか。

e0053104_14524384.jpg

スーパーチャコペーパー 片面ハンガータイプ(デザイン用)

私が愛用しているのは、水で消えるタイプの
片面デザイン用(薄紙タイプ)のもの。
2つ買ったら1つおまけしてくれるというので、
もちろん、購入。
これを鉄筆を使用して、細くきっちり写します。
チャコペーパーの会社の方に
先の丸いスタイラスを進められましたが、
あれでは写した線が太すぎてしまうので、
昔懐かしガリ版用の鉄筆を
以前何本かまとめ買いしていたものを愛用しています。

森繍の森先生も公式HPでおっしゃっています。
   「下絵の付け方に工夫をしなければ、刺繍は変わらない」
   を持論にしています。
   出来るだけ「しっかりした細い線」を要求しています。
   その技法に見合った下絵の付け方。
   ここが一番大切なところです。
と。
(参考;http://web.kyoto-inet.or.jp/people/morinui/sishu/sitae.html
自分の作風にあった方法を
見つけ出さなくてはならないということです。

新調したチャコペーパーで、早速図案を写しました。
ちょっと練習したい刺し方があり、
かなり細かい柄を写しました。
GWに挑戦する予定。
出来上がったらまたご覧いただきたいと思います。

今日は大雨。
写した図案が消えてしまわないことを祈って。。。
(このチャコペーパー、消え具合は最高なんだけれど、
性能良すぎて湿気が多いと消えちゃうのが難点・笑)
[PR]
by papermoon-2005 | 2012-05-02 18:23 | 日本刺繍「その他」
<< KATAGAMI Style 展 5月スタート カフェU_U新カ... >>