ブログトップ

papermoon ~日本刺繍~

papermoon5.exblog.jp

オートクチュール刺繍教室へ。

昨日は、表参道へ行って参りました。
なんというのか、エール交換?!!(笑)

伺ったのは、BrodeRie Tsubaki(ブロドリィツバキ)さんの
オートクチュール刺繍教室へ。
表参道から10分ほどの素敵なお店で月に2回行われています。
伺うと2人の生徒さんが優雅に刺繍をされていました。

e0053104_1437568.jpg
レベル2を制作中の生徒さん


e0053104_14371848.jpg
レベル4初回の生徒さん

いや~、優雅です。
うちのお笑い刺繍道場とは大違いなこの落ち着いた感じ(笑)。
なんでしょう、やっばり椿理恵先生がお持ちの雰囲気でしょうか。

オートクチュール刺繍とは、
フランスのオートクチュールに使用される絢爛豪華な刺繍技術です。
糸やビーズ、スパンコールなどはよく見ますが、
それだけではなく、モールやリボン、中綿、コード
布など、様々な材料でデコラティブに
仕上げていく華やかなものです。
マントゥーズという針とリュネビルというかぎ針を
使用してしながら進めます。

日本刺繍との一番の違いは何でしょう。
かぎ針を使うこと?材料の違い?
私が感じたのはやはり裏側を見ながら進めることです。
指先でビーズやステッチのピッチを確認しながら、
時々裏を返して正しいことを確かめます。
目だけではなく、感覚と指先を使いこなすんですね。
感覚はやり続けないとわからないものです。
読んだだけ、聞いただけではダメなんです。

椿先生は、穏やかにでもポイントポイントは厳しく指導されていました。
うちのお教室ももうちょっと厳しく行こうかな?!!!(笑)

   *****

ブロドリィツバキのオートクチュール刺繍教室
http://broderietsubaki.com/broderietsubaki/Welcome.html
[PR]
by papermoon-2005 | 2012-05-12 09:00 | 日本刺繍「その他」
<< あのホットケーキをもう一度 オーダー 【ネコちゃんの帯のシ... >>