ブログトップ

papermoon ~日本刺繍~

papermoon5.exblog.jp

タピスリ総観

タピスリとは。
「西洋で中世以後、主にフランスのフランドルを中心に発達した綴織の製品、特にその壁掛。(中略)石造の城館の内部にかけて空間を仕切り、隙間風を防ぎ、壁からだを覆って湿気を断ち、暖かさを保つという実用的な機能と同時に重要な室内装飾となる。(中略)8-12世紀の文献には工房の存在を推測させる記録が散見出来る。現存最古の作例は12、3世紀頃のもの」
(板倉寿郎他「原色染織大辞典」淡交社,1977)

さすが、フランス。
たくさんのタビスリを見ることができました。

一番見たかったのは、クリュニー中世美術館の「貴婦人と一角獣」。
e0053104_00273558.jpg
e0053104_00281607.jpg
e0053104_00290557.jpg
2013年に国立新美術館で見て以来の再会。
照明を落とした部屋にびっしり6面が飾られて、
小学生たちが地べたにすわって解説を聞いています。
なかなかゆっくり見られませんでしたが、
西暦1500年頃に制作された名品。
これを基準に他の美術館、お城で見たタピスリを紹介します。

15世紀タピスリの生産地として有名となったフランドルのもの。
熊が愛くるしい^^
e0053104_00295460.jpg
(ルーブル美術館)

こちらは、シャルル7世(1403-1461の玉座のためのタピスリ。
赤がとても鮮やかで、これが15世紀のものとは!
e0053104_00305600.jpg
(ルーブル美術館)

16世紀になるとミル・フレール(千花文様)と呼ばれる赤地(または青地)に草花と小動物で画面を埋め尽くすようなものが流行ります。(貴婦人と一角獣もこのひとつ)
e0053104_00350296.jpg
e0053104_00353026.jpg
(ルーブル美術館)

17世紀になると糸込みが細かくなり、
e0053104_00394966.jpg
(ルーブル美術館)
e0053104_00452603.jpg
e0053104_00471510.jpg
こちらは金糸が使われた17世紀の豪華なもの。

18世紀には、色彩は120色にも及び複雑になります。
だんだん画像も奥行きが出て、繊細になっていくのがわかりますね。

また、2月に行ったロワール地方のシャンボール城では、実際に飾られ雰囲気満点のタピスリを見ることができました。
石造りの壁、木材の天井、当時は床には藁が堅く敷き詰められ、そして、壁にはタピスリ。
e0053104_00544241.jpg
こうして他のものと比べてみてみると、16世紀くらいのものかしら?
こんな風にまとめてみると、技術の発展具合もよくわかります。

次にフランスに行くときには、バイユーのタビスリ(多くのタピスリは綴織だが、これは刺繍)を見に行きたいものだ!と願っています。

[PR]
# by papermoon-2005 | 2017-07-06 19:00 | 日本刺繍「その他」

パリへ行って参りました。

パリへ行って参りました。

e0053104_09334961.jpg

…と言って随分前ですが。
2月と5月の2つの季節を楽しんで来ました。

一番の目的は、ギメ美術館
"Kimono –Au bonheur des dames"
という展覧会です。
初の海外展としてパリで松坂屋コレクションが公開されました。

松坂屋コレクションは、昭和6年(1931)に「染織参考室」が設置されたのとともに始まりました。
家康所用の桃山時代の胴服を始め、桃山時代の能装束、寛文小袖、
友禅初期から後期まで、明治の着物といったように、
幅広く、日本の小袖の歴史が凝縮されています。

今回の展覧会もその流れが一目でわかるように構成されていました。
パリでは展覧会の写真撮影が可能なところが多かったです。
その一部をご紹介します。
e0053104_10275117.jpg
e0053104_10311073.jpg
e0053104_10333287.jpg
e0053104_10381716.jpg
これだけの染織品がまとまってみられることは滅多になく、
本当に勉強になったし、感動しました。
机上で学んだものも実際に見るとスッと身になる心地がします。
いい経験になりました。

次回は、パリで見たタピスリー。



[PR]
# by papermoon-2005 | 2017-07-04 19:00 | 日本刺繍「その他」

ミシン体験へ

職場で工業用ミシンを使うようになりました。
足踏みの年代物。
メンテナンスしたら問題なく使えていますが、
今後のためにもミシンを体験しておこうと休みを利用して
何種類ものミシンやスペースを貸し出している「andMade」に行って来ました。

参加したのは、工業用ミシンやロックミシンなどを体験しながらの
レザーハンドルトートバック作成。
JUKIのミシンがたくさん。
ロックミシンが面白かった。あれは何かに使えそうです。
最後にオプションで刺繍ミシンでイニシャルを入れてもらって完成です。

e0053104_22031934.jpg


レーザーカッターやシルクスクリーン、キルト用ミシン。
使ってみたいマシンがいっぱいありました。
また行こう!

e0053104_08561400.jpg
これは、以前手芸ガチャで当てたJUKIミシン。


[PR]
# by papermoon-2005 | 2017-07-02 19:00

製作活動再開

お久しぶりです。
今日で2017年も半分が終わります。
卒業したらあれしてこれして…なんて考えていたのに、
部屋の片付けもしないまま日々に追われています。

まずは製作活動を再開しました。
e0053104_21043034.jpg

今年は若草会展もあります。
本腰入れて行きます。

第19回 若草会展
2017.12.5-10
かねまつホール(銀座)
[PR]
# by papermoon-2005 | 2017-06-30 13:38

日本刺繍教室 交流会

本日は今年度のお教室交流会を開催。
昨年購入した作品を見ながら、
刺繍の歴史や江戸時代の刺繍について話しました。
その後はお菓子を食べながら、
新旧生徒の皆さん情報交換と近況報告。
年代も仕事も全然違いますが、
話し出したら止まらないですね。
楽しい時間になりました。
写真を撮り忘れてしまったのが心残りです。

e0053104_23111347.jpg


[PR]
# by papermoon-2005 | 2017-02-05 22:58