ブログトップ

papermoon ~日本刺繍~

papermoon5.exblog.jp

タグ:オーダー ( 12 ) タグの人気記事

久しぶりの絞りに挑戦

友人たちを巻き添えに久しぶりの絞り染挑戦です。

目指したのは、
重要文化財「銀杏葉雪輪散らし文様胴服」
重要文化財「桐矢襖文様胴服」
ですが…そんな素晴らしいものに近づくにはまだまだ修行が必要でした。

重要文化財の二つは今はその技術も絶え、幻となってしまった「辻が花」という絞りと描き絵という技法からなる作品ですが、今回は絞りだけ。
染色には、手抜き満々ローパスFカラーです。これは発色も定着もいい優れものでした。


e0053104_17431331.jpg

e0053104_17431415.jpg
一つ一つ絞ったあとビニールをかけました。

e0053104_17431534.jpg
使用したのはローパスFカラー。

e0053104_17431523.jpg

e0053104_1743166.jpg

e0053104_17431674.jpg
防染は出来ています。あとは形…

ドキドキの瞬間。
e0053104_17431758.jpg

e0053104_17431897.jpg

e0053104_17431834.jpg
形はまだまだでしたが(笑)

e0053104_1743195.jpg

e0053104_17432133.jpg
仕立て上がりは、刺繍を施して敷物となりました。
[PR]
by papermoon-2005 | 2014-12-17 12:20 | 日本刺繍「その他」

iichiに付け襟を出品しました!

ハンドメイド作品のショッピングサイト「iichi」に
付け襟を5点出品いたしました。

e0053104_2302547.jpg
e0053104_2303874.jpg


桜井あや ショッピングサイト
http://www.iichi.com/shop/D8273618

ユニクロの丸首カーディガンにもちょうどいい付け襟です。
これからの季節に重宝しますよ♪
ぜひ、ご覧ください!
[PR]
by papermoon-2005 | 2013-09-12 23:02 | 日本刺繍「プレスリリース」

出品決定! ーbunkamura クラフト展ー

夏の文化村クラフト展への参加が決定しました‼
ブースや店舗を構えての出品は初めてです。
作品(商品かな?)作りに集中しなくては!

e0053104_122245.jpg

早速バッグを刺し始めました。

バッグ、つけ襟、ボタン、
半襟、帯留、
ペンケース、写真立て

などを製作予定です。

ところで、昨日のぶらぶら美術館をご覧になりましたか?

世田谷美術館「暮らしと美術と高島屋」展 ~老舗百貨店と文化のアートな関係~

デパートが美術や工芸の普及、文化の発信になっていたという内容でした。
高島屋の上品会、百選会のシステムや、
藤田嗣治や東郷青児が水着のデザインからパンフレットまで関わっていたこと
とても面白い。
今は、もっと小回りの聞く商業施設がたくさんあるから難しいのかもしれないけれど、
もっともっとデパートにはせめて欲しいなぁと思ったのでした。
[PR]
by papermoon-2005 | 2013-05-22 12:21 | 日本刺繍「その他」

母の日に袱紗を。

1月から商品を扱っていただいている
六本木ミッドタウン「wisewise tools
で、母の日のための商品が並び始めました‼

e0053104_1241542.jpg
袱紗 13650円

e0053104_1240596.jpg
ペンケース 6300円

桐箱 3675円はオンラインショップでも取扱い中です!
wisewisetools オンラインショップ
http://shop.wisewise.com/shopdetail/005000000191/017/000/order/

GWは休み返上で残りの納品のため、製作に励んでいます。
下の3種類は、休み明けに店頭に並ぶ予定。

e0053104_12434759.jpg


春っぽく明るい色合いを揃えました。
袱紗を使いこなす素敵な日本のお母さんがもっと増えますように!
ミッドタウンにお越しの際にはぜひご利用ください!
[PR]
by papermoon-2005 | 2013-05-05 13:04 | 日本刺繍「袱紗」

刺繍半襟を洗ってみました!

時々着物をきますが、その際にはいつも身につけるようにしているものがあります。
自作の刺繍半襟です。
見える範囲は少ないですが、顔にも近いしとても効果的です。

でも、日本刺繍となると絹地に絹糸、高価です。
もともと半襟は襟が汚れないよう覆うものですから
肌に当たる部分がかなり汚れるのになかなか洗うこともできません。
それがやっぱり購入をとどまる一番の理由かな?

と言うわけで、クリーニングに出すのも迷うくらい
汚れてしまった半襟を自宅で洗ってみました。
※すべての日本刺繍の半襟に可能かどうかはわかりません。
実行する際には自己責任でお願いいたします。


使用したのは、おしゃれ着洗いのエマールです。
作ったのは10年ほど前、使用後放置していたので
肌に当たる部分が変色していました。

汚れの落ち具合はこんな感じです。
e0053104_2345013.jpg
うっすら残っています。

洗う前のサイズを測り忘れたのできちんとしたことはわかりませんが、
多少縮んだようです。
同じ生地ではありませんが、使用前の生地と比べるとこんな感じ。
(生地の色が違うのは、竹模様の方は作ったのが10年ほど前だからだと思います)
e0053104_23495124.jpg
長さは2~5センチほど(もしかしたら、もっと)縮んだ気がします。


刺繍は多少よれたようです。
e0053104_23501679.jpg

金糸・銀糸はあまりかわりませんでした。
(ちなみにこの糸は平金糸といって竹屋町などに使用される特殊な金糸です)

e0053104_051121.jpg
しかし、今回の生地と刺繍については、
そんなにダメージは感じませんでした。
刺繍の部分を避けてアイロンをかけました。(中温、当て布あり)
刺繍も長襦袢につけて着付けてしまえば気にならないと思います。
捨ててしまうか迷うくらいならば、洗ってみるのもいいかもしれませんね。
もちろん、大切な半襟についてはドライクリーニングに出すことをおすすめします。
ご自分で洗って、使用できないものになってしまっても
責任はとれませんのでご了承ください…m(_ _)m
[PR]
by papermoon-2005 | 2013-04-17 23:30 | 日本刺繍「着物・帯・半襟」

作品見本が完成しました!!

e0053104_13423534.jpg


銀座教会、蒲田産経学園の講習会では
初心者の方には、まず基礎繍いを勉強していただいています。
それが終わった後には、好きなものを制作していただいていますが
他の繍いをやってみたいという方々と
お雛様の額に挑戦していました。
その見本が3月を目前にどうにか完成。
写真をupしておきますので、
挑戦中の方々、ラストスパート頑張ってください!!
[PR]
by papermoon-2005 | 2013-02-12 13:53 | 日本刺繍「講習会」

小さなすみれの額

夏にとても素敵なご注文をいただきました。

米寿のお母様へのお祝いに
亡くなったお父様が買ってくださった小さな額に
お母様の大好きなスミレの花を、と。

額は本当に小さく、一辺が5センチほどのものでした。
上部にはかわいらしい花模様。

今年はうちのベランダにとてもたくさんスミレが咲いたので
これはとてもよいご縁だと思い、刺繍させていただくことになりました。

地は茶色い額に合う金茶の一越縮緬を選びました。
スミレはそのままの姿をかわいらしく。
そしてこんな風に出来上がりました。

e0053104_22164080.jpg


額に納まり、刺繍も予想以上にとても映えました。

今日はそのお母様のお誕生日。
今頃、サプライズパーティをされていると思います。
この一年が素晴らしい年になりますように。
お元気でお過ごしになることをお祈りいたします。
[PR]
by papermoon-2005 | 2012-10-18 22:17 | 日本刺繍「その他」

今年はファーボール! kawaii

e0053104_2502768.jpg

ストラップ替わりにタッセルをつけて随分経ちますが、
最近はさらに大流行ですね。
何か違うものを…と考えていて、
みつけたのが、こぶし大のファーボールです。
リボンをつけて、チェーンをつけて、今年はこれでいってみます。
う〜ん、我ながらかわいい奴らだ。
[PR]
by papermoon-2005 | 2012-09-11 02:50 | なんでもない話

刺し繍い

11月の展覧会の向けて、本格的に制作を開始ししました。
夏休みにどっぷり刺す予定が、余りに暑くて、
図案もなかなかまとまらず、
8月末からようやく刺し始められたところです。

今回は名古屋帯を1点予定しており、まずはそれからですが、
たっぷり刺し繍いを使ってアンティークのような
しっかりした雰囲気の帯を作ろうかと画策中…

しかし、なかなかその刺し繍いが進みません~
3日かかって花がひとつ終わらないって、ヤバイ(^^;;;

ついでなので、その刺繍の進み具合をご覧にいれようかと思います。

e0053104_21442038.jpg
一段目
いわゆるロング&ショートステッチです。
今回はふっくら見せたいので一段目は太い糸を使用。

e0053104_21441242.jpg
二段目
グラデーションを入れました。

e0053104_21443981.jpg
三段目
なかなか進みません。
刺し繍いばっかりやっていたころは、
このくらいあっという間に刺していたのに…


e0053104_21421935.jpg

そして、これがやっと三日目。
何か方法を編み出さなければ。

刺し繍いはあまり古い時代には見られません。
近代ですね。海外の刺繍の影響でしょうか。
そんなところから見るとまた繍い方ひとつも
とても興味深いです。
[PR]
by papermoon-2005 | 2012-09-06 21:53 | 日本刺繍「着物・帯・半襟」

帯留「樹の下で」

2月の展覧会に出品した帯留です。

e0053104_1728070.jpg

正倉院から愛される樹下紋を題材に少しポップにかわいらしい文様にしてみました。
樹の下に動物たちが集まる柄はササン朝ペルシアから伝わった歴史あるものです。

e0053104_17281261.jpg

より糸に少しずつ色を混ぜながら、
動物の微妙な毛の色を表現してみました。


e0053104_17282289.jpg

裏は三分紐用の帯留金具とともに
ブローチ金具もついています。

e0053104_17283194.jpg


帯につける場合は三部紐でこんな感じになります。

素材 :
直径 約5センチ
【刺繍面】日本刺繍 絹100%(絹糸、金糸、三越ちりめん)
【台座】シルバー(制作 松原智仁)

本日よりiichiに出品いたしました!
[PR]
by papermoon-2005 | 2012-07-12 17:32 | 日本刺繍「その他」