ブログトップ

papermoon ~日本刺繍~

papermoon5.exblog.jp

桜の帯留

3月に入り、小さな芽で桜の枝先が
ほんのりとピンク色になってきました。
そんな時期にぴったりの帯留が完成しました。

e0053104_1159267.jpg


この帯留、実は2年も前にオーダーをいただいたのですが、
幼なじみのお母様ということもあり、
いつでもいいわよ、というお言葉に甘え、
のんびりと何度も色を変えたり
刺し具合をやりなおしたりして、
やっと完成しました。

紫色のしっとりとした感じに仕上げたかったのですが、
なかなか紫は難しく、こんなに時間がかかってしまいました。

図案は昔の半襟図案集を参考に。
文庫サイズなどでもたくさんでていますが、
どうして昔のものは、こんなにふっくらと艶っぽい形なのでしょう。
人間の手でしか出せない曲線というものが
あるに違いないといつも思います。
刺繍でもそれが表現できているといいのですが。

e0053104_11593549.jpg


刺繍の醍醐味はやはり、
染めなどでは出せない立体感とふくよかさだと
私はいつも思います。
それを感じ取っていただけたらありがたいです。

e0053104_11594351.jpg


シルバーの台座は松原智仁さんにお願いしました。
素敵な銀線細工をお作りになる方です。
またシリーズで作りたいなぁ!!
[PR]
by papermoon-2005 | 2011-03-11 12:16 | 日本刺繍「その他」
<< 袱紗生地を調達 お雛様クッキー >>