ブログトップ

papermoon ~日本刺繍~

papermoon5.exblog.jp

<   2018年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ボストン日記~残り1か月となりました

1月にボストン入りして早2か月。
まだ雪が降ったりもしていますが、春らしい雰囲気も見えてきました。
雪柳の芽は大きくなり、日差しが強くなってきました。
こちらの方々はサングラスをかけ始めました。

そして、花粉の気配も(ToT)。
肌荒れがひどく、目の周りがカサカサになり、とうとう病院に行かないとだめ?と思っていたら、鼻もむずむず。「まさか花粉症ありますか?」と職場で聞くと、普通に「あるわよ!」。…がっかりです。今年は花粉症とは無縁でいられると思ったのに。Pine Tree(松)の一種とか。もう、どこへ行っても逃れられないのかも。

さて、今週は研究の話なども。
e0053104_06573395.jpg

こちらは、私の私物である江戸時代の袱紗の一部ですが、「紗綾」と呼ばれる生地が使用されています。
桃山時代末期から慶長年間に多く使用され、あっという間に綸子に取って代わられ消えていった生地ですが、慶長小袖などに多く使用されました。よく見ていただくとわかりますが、平織の地に綾織で模様を織り出しています。先週はこの生地が使用された作品をたくさん見せていただきました。ボストン美術館のHPでも「慶長(Keicho) 裂(Fragment)」などと検索するとたくさん出てきます。私の教授の受け売りですが、やはり、実物をどれだけたくさん見られるかが鍵のように思います。物をたくさん見ること、それに対する処置を頭の中に叩き込むこと、それが今の課題です。

今週はProvidenceにあるRISDと呼ばれる美術大学に付属している博物館にも出かけました。
ここには、ファッション、テキスタイルと染織にかかわる学科があり、美術館内にはStudy Centerという素晴らしい施設がありました。毎週、学生の授業に合わせ、展示替えがなされる部屋なのですが、毎週金曜日は学生たちが見たい所蔵品を申請して、自由に手元で見られる日が用意されているのだそうです。この日は、革がテーマ。日本の火消し半纏から、ヨーロッパのオートクチュールまで、さまざまな種類の革と作品が引き出しに飾られていました。先週は羽だったとか。毎週見に行きたくなります。
e0053104_07241115.jpg
e0053104_07245241.jpg
e0053104_07303039.jpg
そして、ハーバード大学のGlass Flowers Museumにも。
こちらは、1900年前後に親子二人のガラス職人によって作られたガラスの植物標本が展示されています。当時、紙かワックスでしか作られていなかった標本が、ガラスで作られることによってより本物に近いものとして利用されるようになったそうです。実際本当に精巧にできていて、とても美しい。そして、展示ケースには、「とてももろいので、ケースには触れないでください」と書いてあります。大きな荷物は持って行かないほうがいいかも(笑)。
e0053104_07375048.jpg
e0053104_07374274.jpg
今週もいろいろ食べましたが、、、とりあえず、サマーシャックのロブスターを。
e0053104_07404799.jpg
そして、宿のオーナーさん公認のちゅーるに夢中のちびを。
e0053104_07443184.jpg
それでは、また来週。



[PR]
by papermoon-2005 | 2018-03-26 07:47 | ボストン日記

ボストン日記~ニューポートへ

少し更新をさぼっておりましたが、ボストンです。
東京は桜が満開になる勢いだと聞きました。
こちらはまだstormの影響で、大雪が降っております。
e0053104_00252960.jpg
ボストン美術館の天心園もこんなです。

今週の火曜日は、その影響で美術館が閉館になりました。
仕事も休みになりましたが、とても外には出られず、宿泊している宿では、外に買い物にも出かけられないだろうということで、特別に夕食がふるまわれ、思わぬところで宴会となりました。

さて、さぼっていた先週末、私はRhode Islandへ行ってまいりました。
私のSupervisorのお宅へお泊り会が催されたためです。
金曜の仕事帰り、上司の車で1時間半ほど走り、Providenceへ。
ボストンとは違い、自然豊かな場所です。
そして、PortでもHarborでもない、Oceanを見せてあげる、とNewportに連れて行っていただきました。
Rhode Island州Newportは、19世紀後半から20世紀初めにかけて、大富豪たちが別荘を建てた土地で、Newport Mansionsという豪邸が見学できます。今回私は上司おすすめのThe Breakers (1895)とMarble House (1892)の2つを見学しました。「The Great Gatsby」の撮影に使用された豪邸などもあるそうです。まぁ桁違いの豪邸ばかりで、アメリカ初期の成功者たちの暮らしぶりがわかります。
帰りには、Newportのお買い物エリアでランチを食べ(またもやロブスターロールとクラムチャウダーを!!)、お土産を買って(とはいえ、冬なので、ほぼお店は閉まっていました)帰路につきました。

上司の家では、イタリア料理を習い、オウムと遊び、犬と散歩に出かけ、家族全員が集まるパーティーに加えていただいて、英語は全く通じませんでしたが、来月京都へ行くという上司とお嬢さんの話を聞いて、過ごしました。

ボストン生活も残り1か月。あっという間に過ぎていきます。


e0053104_00251429.jpg
通勤途中の木にはこんなに雪が。これがほんとの雪持ち〇〇ですね。なんの木かわからない。
e0053104_170145.jpg
雪持ち笹の袱紗。

e0053104_00465281.jpg
大きな橋を2つ渡ってNewportへ!!

e0053104_00473686.jpg
Marble House (1892)

e0053104_00490234.jpg
e0053104_00505079.jpg
The Breakers (1895)



e0053104_00493707.jpg
どのMansionもこんなガイドを借りて聞きながら回ります。

e0053104_00480690.jpg
海沿いを歩けるCliff Walk

e0053104_00514221.jpg
e0053104_00522690.jpg
Clark Cooke Houseのロブスターロールとクラムチャウダー!
ここのクラムチャウダーはサラッとタイプ。

e0053104_00565254.jpg
上司のお宅のオウムのMingoと
e0053104_00573320.jpg
犬のBowie。
かわいかったです。

それではまた来週。


[PR]
by papermoon-2005 | 2018-03-19 01:01 | ボストン日記