ブログトップ

papermoon ~日本刺繍~

papermoon5.exblog.jp

タグ:ネコ ( 6 ) タグの人気記事

ボストン日記~新年度のはじまり。

4月1日です。新年度のはじまりです。
ボストンにいて、フリーの今の私にはあまり関係ありませんが、同じ宿にいた方々が新年度へ向けてぞくぞくと帰国し、宿は学生さんと私だけという状態になりました。今週には新しい方々がやってくるという話ですが、先週までにぎやかだったことから考えるととても寂しいです。

私の研修もあと3週間を残すところとなりました。今月は、NYのメトロポリタン美術館への訪問なども予定しているので、おそらくあっという間に過ぎることでしょう。
今日はイースターということもあり、4連休などという人もいて、街はなんとなく明るい感じです。スーパーにはイースターのお菓子が並び、春めいています。美術館では、村上隆展がとうとう終わることもあり、にぎわっていました。日本の美術がこの地でこんなに人気であることは本当に誇らしいことです。

e0053104_11401890.jpg
村上隆のイラストが描かれた床と私が一番好きだった俵屋宗達派の屏風。


今週は、copleyにある公共図書館と、ウォーターフロントにある子ども美術館に行ってみました。
公共図書館は、1848年に創設された、アメリカで一番古い公共図書館です。イタリア・ルネッサンス様式の建築ではありますが、フレスコ風の絵画の中にはTelegramが描かれていたりして、なかなか個性的です。メトロポリタン美術館の設計者と同じ設計と言っていたような気がします。

e0053104_11465785.jpg
e0053104_11441172.jpg
中央の絵には電信が描かれています。
そして、その下に座るライオン!

e0053104_11453890.jpg
このしっぽに触ると賢くなれるらしいです。
入場も、tourも無料なので、ボストンにいらした際にはぜひ。

子ども美術館は、日本の町家があるというので行ってみたのですが、とても昭和な香のする建物でした。でも、子どもたちは畳や布団、和式のトイレに大興奮でした。子ども連れの時には面白いかもしれません。

そして、週一ロブスター。
今週は子ども図書館のそばにあるHopstersへ。Lobster Grilled Cheeseと一緒にビールの飲み比べをしてみました。
e0053104_11524262.jpg
こちらのIPAと呼ばれるホップの強いビール(?)のくせにもだんだん慣れてきたようで、美味しく感じるようになってきました。
帰り道、もう一軒、Trilliumという醸造所経営の店舗に行ってきました。On Tapという試飲コーナーがあると聞いたので行ってみたのですが、販売だけでした。残念!
e0053104_11525357.jpg
でも、ここのビールはとてもスタイリッシュ。かわいい缶のIPAを数本仕入れて帰りました。郊外にある醸造所も楽しそうです。こっちにいる間にいけるかな?

今週のちび。
e0053104_12010739.jpg
宿に誰もいなくなって、超寂しかった日。ドアの外から「にゃ~!」呼ばれて開けるとちびがいました。部屋に入ってきて、少しお昼寝をして帰っていきました。完璧なホストだと思いませんか。



[PR]
by papermoon-2005 | 2018-04-02 12:17 | ボストン日記

ボストン日記~ハードな一週間

今週は、月曜日が休日だったのにも関わらず、なんだかハードな一週間でした(遊びすぎ?)。でも、研修は今までの基礎的なことから一歩進んで、展覧会準備の本質にまでせまってきています。充実している分、緊張もしているのかなと思います。でも、もっともっと学びたい!!改めてそう思います。

でも、そんな緊張ばかりをしているわけでもなく、今週はよく食べた一週間でした。
e0053104_12594782.jpg
とうとうボストンの牛角に行ってきました。こちらの牛角は、"All you can eat(食べ放題)"というスタイルがあり、今回はそれに挑戦。「大食い家族の食べ放題」みたいな感じの番組でしかみたことのないような量のお肉が盛られてきて、すごい量を食べつくしました。

e0053104_13002219.jpg
スーパーでは、こんなかわいいジャガイモも売られていて、先週の日曜に料理するために買ったのですが、結局水曜日くらいまで食べ続ける羽目になりました。

e0053104_13033731.jpg
韓国系のアジア食材スーパーにも行ってみました。すごい量のキムチです。大根は、Japanese radishというそうで、なかなか売っていません。きゅうりもno seed cucumberというのが日本で見るきゅうりに近いです(でもちょっと違う気がする)。この日は、白菜ときゅうりと野菜をたくさん買ってしまいました。

e0053104_13005480.jpg
そして、買ってはいけないシリーズ。アップルフリッターと書いてあり、成分表にもりんごとありますが、ただのシナモンドーナツな気がします。砂糖がけがたっぷりで、はまる味です。でも、これは全部食べてはいけない気がする。。。

e0053104_13010510.jpg
そして、大量のヨーグルト。ヨーグルトは、今ギリシャヨーグルトが主流だそうで、ほとんどがこれです。フルーツのジャムが底に入っていて、みんなふたを開けたら全部をよくかき回して食べています。そして、日本ではほぼ見かけませんが、ミントチョコ味だの、チョコレートミックスだの、フレーク付きだの、これも食べてはいけない気がする、、、と言いながら、10個セールをやっていたのでつい購入。

e0053104_13035054.jpg
週末は、クインシーマーケットという観光地に行ってきました。大道芸をやっていたり、ボストンの名物が屋台のように集まっていて、フードコートになっているので、好きなところで好きなものを買って食べます。私はロブスターロールを。こちらに来てすぐに食べにいったロブスターロールは、ロブスターそのままでしたが、これは、ロブスターサラダとなっていて、タルタルのような感じです。クラムチャウダーと合わせていただきました。お店のお兄さんは、35年前に埼玉にいたという日本語ペラペラのボストニアンでした。
e0053104_13233786.jpg
e0053104_13035724.jpg
そして、どうしてもこのお店でアイスを買いたくて、ピスタチオアイスを。1つでいいのに、2つ盛り。デコレーションコーンに入れてもらって、大満足!!…食べきれませんでしたが(^^;;;

e0053104_13040602.jpg
帰りにヘイマーケットという駅のほうへ出ると、市場が開かれていました。イチゴがすごい大きなパックにもかかわらず1ドル!!となりのお店で99セントと言っているので、チラ見したら、お店のお兄さんに「little different!!」と言われたので、1ドルで買ってみました。日本のイチゴほどは甘くはなかったけれど、美味しかったです。

e0053104_13042015.jpg
遊んでばかりでもありません。週末にはInstitute of Contemporary Art(現代美術館)に行ってきました。まぁ、さっぱりわかりませんでしたが。でも、現代美術館のようなところは、建物や、コンセプトなどが最新で工夫されていて、昔ながらの美術館は見習うべきものが多くあると思います。この部屋は、各部屋で流されていた映像作品をじっくり見られるコーナー。海に面していて、ひとりひとりのブースになっていて、今日はかなりの時間をここで過ごしました。

さぁ、2月も終わります。
刺繍教室の皆さんは、3月中に一度ビデオ面談をしますからね~質問があったらまとめておいてください!!

今週のにゃんこ。
e0053104_13043274.jpg
自分で開けられるくせに、開けてもらうのを待っているソックスです。




[PR]
by papermoon-2005 | 2018-02-26 13:38 | ボストン日記

ボストン日記~研修1か月を終えて

e0053104_23521319.jpg


ボストン、雪の朝です。
夜遅くに降り出したようで、6インチほど積もりました。
(窓から外を眺める宿のにゃんこ、ソックス)
でも、この日は暖かく、向かいの家の屋根に積もった雪はあっという間にとけました。それに、道には塩がまかれていて、どの家の前もきれいになっているので、雪道に困ることはあまりありません。空気が乾燥しているので、雪が解けると同時に乾いていく感じです。

ボストンに来て1か月が経ちました。
今週は、外部の施設に連れて行っていただいたり、日本語がペラペラのこちらの技術者の方に合わせていただいたり、バレンタインデーにちなんで性的なアート作品をどう展示するかという研究発表会に参加したり、盛りだくさんな1週間でした。ただ受け身でいるのもこれでおしまいにしなくては。のこり2か月です。

今週は、いろいろな飲み物の話を。
e0053104_23514628.jpg
こちらで今、大流行というCAFFE NEROへ行ってきました。イタリア系のカフェで、wifiなどが自由に使え(3時間まで)、学生たちがパソコンを持ち込んで勉強しています。パソコンや荷物を置いたまま席を離れたりしている人も多く、日本と変わらないような気持でいられます。先日、ボストン美術館へ行った時も、私はスマホがポケットから滑り出たことに気が付かず、次の部屋でないことに気が付いて慌てたことがありました。でも、その時も、もといた部屋に戻ると、ソファの上にそのまま置かれていたのでした。ボストンが安全なのかな。食べ物もおいしかったし、いい雰囲気のカフェでした。

e0053104_23511486.jpg
こちらは、ROOT BEER。
外部storageに仕事に行った帰り、ランチの席で一緒にいったボランティアの方に、「BEERは好き?これを半分ずつ飲まない?」と聞かれました。私は一緒にいた自分の上司に「今日はこれで仕事終わりなの?」と聞きました。そうしたら、ふたりに「ROOT BEERは炭酸のジュースよ!」と大爆笑されたのでした。味は、ドクターペッパーのような子供のころに飲んだような不思議な味。瓶もホントにビールみたいだし味も不思議だし、面白かったです。アメリカではポピュラーな飲み物のようで、ボランティアレディーには、「ナイスな味でしょ!私これが大好きなのよ!」と言われました。

e0053104_00151406.jpg
こちらは、ハーバード大学美術館のカフェで頼んだら出てきた「水」。環境保護のために、パックなのだそうです。最初水だとわからなくて、戸惑いました。3ドルもしたけど、面白い取り組みです。

e0053104_00161034.jpg
ハーバード大学美術館は、fogg(西洋美術)、サックラー(東洋美術)、ブッシュ・ライジンガー(現代美術)という3つの美術館の所蔵品が1か所でみられる美術館です。見やすい大きさで、部屋ごとにテーマが分けられ、照明も明るく、部屋によっては自然光で見ることのできる美術館でした。


e0053104_00150654.jpg
e0053104_00455003.jpg
こちらはネズミのチョコレートで有名なチョコレート屋さんL.A.Burdick。ラボのスタッフの方に、ハーバードにいくならば、ここで絶対ダークホットチョコレートを飲んで来いと言われました。濃厚だけどさらっと後味のよいチョコレートドリンク。次はケーキに挑戦しに行きたいと思います。

e0053104_00192789.jpg
e0053104_00170123.jpg
そして、ボストンの地ビール、サミュエル・アダムスのブリュワリーにも行ってきました。手にハンコを押されて、パスポートを見せると30分ほどのツアーに参加でき、3種類くらいのビールを試飲できます。土曜日だったせいか、大盛況。30~40人くらいのグループのツアーに参加しました。サミュエル・アダムスのビールは、ホップの香りの強い、日本のビールを飲みなれた私たちには少し癖のあるビールです。オーソドックスタイプから、アルコール度数の高いものまで、いろいろ試して、ロゴの入った小さなグラスをもらって帰ってきました。楽しかった~

最後に、部屋に昼寝しに来たソックス。
e0053104_00193738.jpg
というわけで、また来週。


[PR]
by papermoon-2005 | 2018-02-20 01:06 | ボストン日記

ボストン日記~研修1週間目


ボストンです!

こちらに来て1週間目のボストンは、比較的暖かく、雪が降っていると聞く日本よりおそらく暖かいのではないでしょうか。

研修が始まりました。今週は担当のCさんがいらっしゃらないので、他の方にお世話になりながら、1週間を過ごしました。
私は中学1年生の時にbe動詞で英語につまづいてから(ホントに!1学期の5月くらいの話です!!)、完全に英語をさけて生きてきました。それがこんなことになるとは、自分でも信じられません。ここ2年ほど、スパルタ式の某綜合英語学院で学んできましたが、それでもやはり、こちらに来て全く勉強が足りていないことを痛感しております。しかし、ボストンは、安全で文化度が高いとうかがっていた通り、職場の方から普通のお店の人まで外国人に対して親切で、特に職場の方々は、私のどうしようもない英語を最後まで分かってくれようと前向きに聞いてくれます。これに甘えずにもう少しどうにかしなくては、と思う1週間でした。

e0053104_00582439.jpg
こんな街並みです。

リスもいます。

e0053104_01141513.jpg
買ってはいけないものを買いました。(これで5ドル!)

そして、昨日はようやくボストン美術館の全貌把握。
e0053104_01164284.jpg
いざ、美術館内へ(この写真はまだ雪の残る先週ですね)。

e0053104_01250940.jpg

修復室がギャラリー内にあり公開されています。
e0053104_01172121.jpg
e0053104_01173583.jpg

Behind the Scenes Galleriesというコーナーには、それ以外のジャンルの修復について詳しく展示され、参加型になっているのが面白いです。
これは、1747年に女の子が作った刺繍のサンプラー。時を経てなくなってしまった髪を修復で補うかどうかが問われています。この後、Curator(学芸員)とConservator(修復師)の意見がそれぞれ対立しながらも的確に述べられます。
e0053104_01192766.jpg

カフェテリアではグラム売りのHot mealと大好物のけしの実のパウンドケーキで栄養をつけました。お肉の味付けとスパイスの聞いたインゲンがなかなかおいしかったです。
e0053104_01234026.jpg

そのあとは、
e0053104_01523891.jpg
特別展「村上隆と辻惟雄展」をみて、
e0053104_01521701.jpg
e0053104_01535404.jpg
お決まりのヨーロッパ絵画。土曜日のせいか、いたるところでこんな風に子供たちが模写しています。モネをボーっと座ってみていたら、ポケットから携帯が滑り出たことに気が付かず、次の部屋で落としたことに気が付いて大慌てしました。モネの部屋に戻ると、ソファの上に置かれていて一安心。ここがボストンでよかったと思った瞬間です。

今週のにゃんこ。ヘミングウェイもかわいがっていたというミトン・キャット(六本指の猫)そらちゃん。全くなついてくれないけど、美人さんです。
e0053104_02145476.jpg


[PR]
by papermoon-2005 | 2018-01-29 02:17 | ボストン日記

ボストンへ

ボストンです。
今月より3か月間この地で染織品保存修復の研修を受けることとなりました。
ここへ到着するまでには、大学院時代の教授をはじめ、たくさんの方に支えられて、ようやくのはじまりです。

先週木曜日にこちらへ到着しましたが、本日の研修開始まで、生活を整えるため、
近所のスーパーマーケットめぐり、地下鉄の乗り換え練習などをしながら体調を整えました。
研修の内容については、こちらで詳しく書くことはできないと思いますが、
ボストン生活を少しづつお知らせできたらと思います。

それでは、研修1日目、行ってまいります!!

e0053104_23385636.jpg
安さで選んだアメリカン航空は、案の定フライトが遅れ、Express Connection Cardが発行されるも結局乗り遅れる。初っ端から洗礼を受けた感じ。

e0053104_23393744.jpg
ボストン到着。昼の予定が真っ暗。大きな荷物を2つも引きずりタクシーに乗り込む。チャールズ川対岸の夜景にわくわく(ドキドキか)。

e0053104_23400424.jpg
このお部屋でお世話になります。机が広くて勉強しやすい。(椅子の高さが座っているうちにずんずん下がって肩が痛くなる。体重過多?!)

e0053104_23403820.jpg
ホテルは猫の癒し付き。

e0053104_23410439.jpg
スーパーのケーキ売り場は激しいです。

e0053104_23430026.jpg
バックベイのお店のディスプレイにミシンを見つけて気分が上がる。

e0053104_23442562.jpg
ウォーターフロントのBetter Bagelsでベーグルを買い込み、

e0053104_23445315.jpg
Luke's lobsterで、念願のロブスターロール。
目指せ!週一・一ロブスター!!(そんなこと言っている場合じゃないはず)


[PR]
by papermoon-2005 | 2018-01-22 23:48 | ボストン日記

ネコ帯、その後。

先日、ねこちゃんの帯について記事を書きましたが、
(詳しくはこちら → オーダー 【ネコちゃんの帯のシミ隠し】  )
お客様が、身につけてお出かけしてくださったと
お写真を送って下さいました。

e0053104_16273366.jpg


アップはこちら
e0053104_1633278.jpg


半幅帯なので、とてもゆったりといい雰囲気。
こんな風に使っていただけたら本当にうれしい。

トリエさんの展示会も
2012/6/6~11の日程で
新宿伊勢丹であるそうです。
また新しい作品、拝見しに伺おう♪


   *****

シミ隠し、単衣へのワンポイントなど
生地の状態などによってお受けすることもできます。
ご希望の方は一度ご相談ください!
[PR]
by papermoon-2005 | 2012-05-22 18:00 | 日本刺繍「着物・帯・半襟」