ブログトップ

papermoon ~日本刺繍~

papermoon5.exblog.jp

タグ:美術館 ( 1 ) タグの人気記事

ボストン日記~研修1週間目


ボストンです!

こちらに来て1週間目のボストンは、比較的暖かく、雪が降っていると聞く日本よりおそらく暖かいのではないでしょうか。

研修が始まりました。今週は担当のCさんがいらっしゃらないので、他の方にお世話になりながら、1週間を過ごしました。
私は中学1年生の時にbe動詞で英語につまづいてから(ホントに!1学期の5月くらいの話です!!)、完全に英語をさけて生きてきました。それがこんなことになるとは、自分でも信じられません。ここ2年ほど、スパルタ式の某綜合英語学院で学んできましたが、それでもやはり、こちらに来て全く勉強が足りていないことを痛感しております。しかし、ボストンは、安全で文化度が高いとうかがっていた通り、職場の方から普通のお店の人まで外国人に対して親切で、特に職場の方々は、私のどうしようもない英語を最後まで分かってくれようと前向きに聞いてくれます。これに甘えずにもう少しどうにかしなくては、と思う1週間でした。

e0053104_00582439.jpg
こんな街並みです。

リスもいます。

e0053104_01141513.jpg
買ってはいけないものを買いました。(これで5ドル!)

そして、昨日はようやくボストン美術館の全貌把握。
e0053104_01164284.jpg
いざ、美術館内へ(この写真はまだ雪の残る先週ですね)。

e0053104_01250940.jpg

修復室がギャラリー内にあり公開されています。
e0053104_01172121.jpg
e0053104_01173583.jpg

Behind the Scenes Galleriesというコーナーには、それ以外のジャンルの修復について詳しく展示され、参加型になっているのが面白いです。
これは、1747年に女の子が作った刺繍のサンプラー。時を経てなくなってしまった髪を修復で補うかどうかが問われています。この後、Curator(学芸員)とConservator(修復師)の意見がそれぞれ対立しながらも的確に述べられます。
e0053104_01192766.jpg

カフェテリアではグラム売りのHot mealと大好物のけしの実のパウンドケーキで栄養をつけました。お肉の味付けとスパイスの聞いたインゲンがなかなかおいしかったです。
e0053104_01234026.jpg

そのあとは、
e0053104_01523891.jpg
特別展「村上隆と辻惟雄展」をみて、
e0053104_01521701.jpg
e0053104_01535404.jpg
お決まりのヨーロッパ絵画。土曜日のせいか、いたるところでこんな風に子供たちが模写しています。モネをボーっと座ってみていたら、ポケットから携帯が滑り出たことに気が付かず、次の部屋で落としたことに気が付いて大慌てしました。モネの部屋に戻ると、ソファの上に置かれていて一安心。ここがボストンでよかったと思った瞬間です。

今週のにゃんこ。ヘミングウェイもかわいがっていたというミトン・キャット(六本指の猫)そらちゃん。全くなついてくれないけど、美人さんです。
e0053104_02145476.jpg


[PR]
by papermoon-2005 | 2018-01-29 02:17 | ボストン日記